新宿区神楽坂ジム パーソナルトレーナーが語る 筋肉が増えると痩せて見える

ダイエット、ボディメイクのお役立ち情報を新宿区神楽坂パーソナルジムのプロトレーナーが発信しています

体験申し込み
神楽坂パーソナルジム GAIN GYM

新宿区、神楽坂の貸切パーソナルジム GAIN で代表をしている絶対ダイエット請負人の上地裕作です。

筋トレには、多くのテクニックが存在します。今回は筋肉が増えると痩せて見える!についてお話をいたします。 NO PAIN NO GAIN!! レッツフィットネス!

筋肉が増えると痩せて見える

ダイエットで理想の体にしたいと思った時に、筋トレで筋肉がついてしまうことを嫌がる人もいますが、きれいなボディラインを作るためには、筋肉量が深く関係してくるのです。

20代〜30代は太る人が急増する

20代〜30代は太る人が急増します
人の筋肉は、20歳頃までは意識的に運動をしなくても増えてくれます。
生活の中でも、学校での運動や部活、通学など筋肉が発達する要因が日常にたくさんあるものです。

しかし、20代〜30代をピークに筋肉量は徐々に減っていくということが解っているのです。
40歳からは10年ごとに約8〜10%減少していき、70代の10年で15%も減少します。

これは単純に運動する機会が減るからというわけではなく、体の事前現象とも呼ぶべきことで、ごく健康な人に起こり得る現象なのです。

筋肉量が減っていくということは、1日の消費エネルギーの6〜7割を占めている基礎代謝が減っていくことになるので、40代でも20代のころと同じ量を食べれば当然太りやすくなるのです。

さらに、筋肉は糖を取り込んで貯蔵する役割があります。
筋肉が減少するとその許容量も比例して低下し、余った糖質で体脂肪が作られやすくなったりもします。

このことが、20代を過ぎると太る人が急増する理由なのです。

社会人になると運動する機会が減り、お酒を飲む機会が増えるなど他にも太る要因はありますが、20代を過ぎたら体が変化しているということを自覚して、意識的に階段を使ったり日常生活の中で可能な限り運動をする努力が必要となります。

体重が標準なのにきれいに見えない

体脂肪率が高いとメリハリがつきづらい

標準体重なのに、なぜかスタイルがよく見えないと悩んでいたり、もしくは、昔と現在で体重があまり変わっていないのに、スタイルが悪くなたと感じる方がいたら、それは筋肉量の少なさ、減少が問題の可能性が大きいです。

すっきりとしたスタイルの良いボディを作るためには、筋肉が必要です。
引き締まったヒップラインや上向きのバストも筋肉がなくては作れません。
スタイルを良く見せるために必要な正しい姿勢にも筋肉が大切です。

せっかくダイエットをしても、筋肉が少なくメリハリのないスタイルになってしまうとしたら、ダイエットをする意味がなくなってしまいますよね。

極端に食事をカットするなどの間違ったダイエットは筋肉量を減らします。

体重を減らすのではなく体脂肪を減らすことに意識を切り替え、体を作る上で最も重要なタンパク質は必ず摂取することが重要です。

体脂肪を減らすダイエットはリバウンドしにくいという利点があります。
体脂肪は、高タンパクで低カロリーな食事と運動(筋トレ)で減らすことができるのです。

【同じ身長体重でも中身が違う】

以前と同じ体重でも見た目が全然違うのは、体の筋肉と脂肪の割合が違っているから。
脂肪は筋肉よりも体積が多いので、同じ体重でもぼんやりとした印象になってしまうのです。

気にするのはBMIよりも体脂肪

外見を左右するのは体重よりも筋肉量や体脂肪率。家庭の体重計でも多少の誤差はありますが体脂肪や筋肉量を測ることができます。また、継続的に測ることで長期的な変化傾向を見るのに役立ちます。

筋肉が1kg増えるとかなり痩せて見える

冒頭に書いたように、きれいなボディラインを作るためには、筋肉の量が関係してきます。

筋肉の1kgの基礎代謝量は13kcaと言われています。
つまり筋肉が1kg増えると自然と代謝が13kgアップするという計算になります。

しかし、実際に筋肉1kgを増やそうとすると、結構大変な運動や筋トレが必要です。
たった13kcalの代謝のために割りに合わないような気がしますが、筋肉が増えることで得られるメリットはそれだけではないのです。

前項でも書いたように同じ体重でも筋肉の量により体型が違って見えます。
さらに、むくみには筋肉の働きが大きく関わっています。

ふくらはぎには第二の心臓と呼ばれ、重力に逆らって静脈血を心臓方向へ押し上げる筋ポンプ作用があります。
この作用が衰えると血液が心臓に戻りにくくなり、血行が悪くなるためむくみを引き起こします。
筋トレにより、ふくらはぎに筋肉を付けることで血流が改善され、むくみにくい体へとつながるのです。


【筋肉が1kgアップするだけで変わる】

筋トレなどの運動により、下肢の筋肉が1kgアップした場合、筋肉のラインが出ることで脚がきれいに、細く見えるようになります。


【筋肉でむくみも改善】

ふくらはぎの筋肉を鍛えればむくみにくい体になります。
筋トレにより血流アップ。特に心臓に血液を戻すポンプの役割があるふくらはぎの筋肉を鍛えると冷えやむくみの改善や疲れにくい体づくりにも役立つのです。

筋肉量が多いほど太りにくくなる

筋肉は日々の合成でカロリーを消費する

筋肉は合成と分解を繰り返しながら毎日少しずつつくり変えられています。
たとえ運動をしなくても、筋肉量を維持するために全体量のうち、約541kcalものエネルギーが必要なのです。


【筋肉量で比較した場合】

・筋肉量が少ない人(12kg):必要なエネルギーは約177kcal
・筋肉量が多い人(23kg):必要なエネルギーは約224kcal

必要なエネルギー
筋肉量が少ない人(12kg)での計算の場合。
1日に合成される筋肉の量は全体の1.8%なので約0.22kgとなります。
筋肉1gにつき約541kcalが必要なので、0.22kgがつくり変えられるときに必要なエネルギーは約177kcalとなります。

エネルギー消費の差は一目瞭然

このように、 1日107kcalの差があり、筋肉量が多い人は少ない人よりも、30日で3210kcalエネルギーを多く使う計算になるのです。

体脂肪1kgは7200kcalなので、3ヶ月で1kg以上多く体脂肪を燃やせることになります。
ダイエット中の問題点は運動なしで炭水化物やタンパク質を減らした食事制限をすることで、筋肉量が減ってしまうことなのです。
これではいくら厳しい食事制限をしても美しいボディラインは手に入りませんし、食事量を戻した時には以前よりも太ってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

つまり、理想のボディラインを手に入れるためのダイエットには、筋トレを取り入れるべきなのです。

ダイエット・ボディメイク、プロが的確にサポート致します。

新宿区神楽坂パーソナルジムGAINにお任せください。

新宿区、神楽坂のパーソナルトレーニングジムGAINでは、適切なトレーニングはもちろん、食事のアドバイスも専門の知識と経験から的確に指導いたします。

パーソナルトレーニングジム GAIN

神楽坂駅から徒歩6分!BBJグランプリの実力をもつトレーナーが、初心者の方にはもちろん、更なるバルクアップを望む方にも充実のレッスンを提供します。

おすすめ体重・体組成計

体脂肪率・基礎代謝量・筋肉量など、ボディメイクの目安になります。

自宅でできるエクササイズ

パーソナルジムGAINにお問い合わせ


【筋トレ・ダイエット】若返りの秘訣は 筋トレ | 神楽坂 パーソナルトレーニングジム GAIN

若返りに筋トレが有効な理由。若作りではなく若い自分を手に入れろ!女性も男性も筋トレで確実に若返る!

新宿区神楽坂パーソナルジムGAINトレーナーによる動画解説

ダイエット中のタンパク質補給に頼るべきプロテインパウダー、何を選べばいいの?#13

BEST BODY グランプリ受賞者の上地裕作が筋トレ、特に初心者にまつわるダイエット等の方法をアップしています。パーソナルトレーニングジム GAINにて代表パーソナルトレーナー。