パーソナルジム経営において大切なこと

この記事は【筋トレ/ダイエットGYM】パーソナルジム経営において大切なことについて記載しています。

体験申し込み

どうも、神楽坂,早稲田の貸切パーソナルジム GAIN で代表をしている
絶対ダイエット請負人の上地裕作です。
今回は【筋トレ/ダイエットGYM】【筋トレ/ダイエットGYM】パーソナルジム経営において大切なことについて書いていきたいと思います。
NO PAIN NO GAIN!! レッツフィットネス!

パーソナルジムGAINが誕生した経緯

こんにちは!神楽坂、早稲田で一番評判が良いと言われているパーソナルジム GAIN GYM代表の上地です。
本日はパーソナルトレーナーとして独立し、しっかりと経営していくためにはどうすれば良いのかについて私なりに書いてみます。

神楽坂・早稲田貸切パーソナルジムGAINは、2019年12月1日にOPENしました。しかし、OPENするに当たっていくつか問題に打ち当たったことも事実です。

資金に余裕がない

どんなビジネスをするにしても、まずは元手となる資金が必要になります。私がGAINを開業するのに使える手持ち資金は800万円でした。
家賃は一応伏せますが、神楽坂近辺ですのでそんなに安くはありません。不動産を借りるだけで300万円ほど飛んで行ったのを覚えています。
残りの資金で内装工事やマシーン、看板、小物類、その他諸々を揃えなくてはなりません。正直言って始める前から財政破綻するんじゃないかと思うぐらい、怖かったですね。

不動産の内装が半端じゃない
GAIN 内装工事前

見てください、この昭和感溢れるTHE事務所。電気は蛍光灯だし、壁はくすんだクリーム色だし。とても今のようなジムになるとは予想もできないほどの衝撃を受けました。資金が足りないことを懸念し、友人に頭を下げて塗装部隊を召集し、ホームセンターで塗料一式を買って自分たちで着工開始です。

素人集団ですが、塗装って結構面白いんですよ。ただ、この広さを2人だけで塗装したので7日間はかかりました。プロに頼めば1日で終わるのに。
しかも意外と塗料が高くつき、大体20万弱はかかったと思います。友人は満身創痍になりながらも、吉野家の牛丼を奢ってなんとか最後までやり切りました。
内装の電気系統だけはしっかりプロに頼みましたが、それでも20-30万は飛んで行きました。

素人がやるとこうなる
奥の部屋の窓淵もしっかり塗装
後半はだいぶいい仕上がりに
マシーンの組み立て

業者に頼むと高いので、全て自分たちで組み立てます。これもおおよそ2日はかかったと記憶しています。とにかく重くて友人も初めは快諾してくれていたのですが、だんだん顔つきが険しくなり、吉野家だけでは済みそうにありません。この日はいきなりステーキを御馳走しました。

看板は製造業者が無料で取り付けてくれました。エンビシートの取り付けもついでに行ってくれたので、全部で30万-40万円程度で収まったと記憶しています。
それにしても初期のこのエンビシート、センスないですね…wなりたい自分に出会う努力ってw
お店を紹介しておきますね。

鏡をケチったせいでOPEN日が延期
独り立ちできない鏡が送られてくるという驚愕の事実

さぁ、三日後にはOPENだ!その矢先に事件は起こります。写真をご覧ください。なんと独り立ちしないミラーが送られてきんです。
何これ….足を切断して壁に直接貼り付けるにも重すぎるので落下が心配です。
やむなく返品し、破れないフィルムミラーを採用しました。しかしこれが原因で開店が3日遅れてしまいました。
パーソナルジムを運営して痛感しますが、ミラーはケチらず高い物を入れるべきです。

長い時を経て完成したのが『神楽坂貸切パーソナルジムGAIN GYM』
なんだかんだで650万円ほどかけてOPENすることができました。それから足りないマシーンや機材、などを揃えて、結局800万前後かかっていますね。

キャッシュフローが大変

持ち金を全て投じて完成したGAINですが、当然毎月の支払いに追われます。
家賃、光熱費(5万程度)、通信費(1万円)、プロテイン、広告費、洗濯代、雑費等々…さらに私の生活費を捻出するわけですから大変です。
ジムの完成は終わりではなく始まりなのです。
初月は月間で見ても30万円ほどマイナスが出ています。ヤバイ金がない….仕方なく友人からお金を借りてなんとか生活を食いつなぎます。
みなさん、100万円程度の余裕資金は作っておくことをお勧めしますw
3ヶ月目に入り、やっとこ若干のプラスに転じました。ですが周りのパーソナルトレーナー経営者に話を聞くと、3ヶ月で月間黒字転換は相当早い方だそうです。
赤字が半年以上続いたら首吊るしかないな…本当に多くの会員様に恵まれ幸せとしか言いようがありません。

黒字転換したら少しづつお客様に還元していく

賛否両論あるかと思いますが、私は月間で黒字転換すれば出血はとりあえず止まったと判断します。つまり、これ以上は苦しまないということ。
パーソナルジム経営で大切なのは、私を信じて来てくださっているお客様との信頼関係の構築や、満足度の上昇、自分自身への更なる投資にお金を使うべきだと思います。神楽坂パーソナルジムGAINでのトレーニングが、会員様にとって最もコスパの良い環境であるために努力しなければ、お客様は離れていってしまいます。
出た利益はお客様に還元してこそ、長期にわたってご利用いただけると私は信じています。

よくある失敗する例

お金は有限だということを肝に銘じるべきです。利益が月100万円以上出てくると、まだ回収もしていない段階でローンを組み、高級外車を購入してしまうパターン。
高級外車は確かにかっこいいですが、利益は一銭ももたらしませんし、逆に出ていきます。また会員様には何の恩恵もありません。
パーソナルジムを経営していくのであれば、常にお客様ありきで物事を考え、お金を使うべきです。

これからパーソナルジムを経営する方へ

パーソナルジムの経営は本当に素晴らしいと思います。身体に対する様々な悩みをいち早く適切に改善の道を模索してあげられる唯一の職業だと自負しております。
ただ『儲かるだろう』と闇雲にOPENするのではなく、お客様の利便性を第一に考えて運営していくのはもちろん、自分の強みをしっかりあぶり出し、如何にして集客していくかが『失敗』と『成功』の分かれ道だと思います。


神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作