糖質制限

カロリー制限というダイエット思考について その1

上地先生、やはりダイエットをするならステーキやチーズといった脂肪分が多く含まれる食品は敬遠すべきなんですよね?

Zさん、脂肪分が絶対に悪か?と聞かれたら答えはノーです。ちょっとカロリー制限や糖質制限について解説していきますね。

いまだに浸透している数十年前の悪しき常識

あなたは人間がなぜ太るのだと思いますか?太るというのは脂肪が身体につくということだから、”脂肪分”が主な原因であると考える人は少なくありません。
つまり、高カロリーは肥満の原因であるというわけです。
しかし、これは数十年前にアメリカが出した誤りの結論なのです。残念ながらこれが常識として現在も根付いてしまっているのです。いまだに卵は一日2個までと思っている人がいるのと同じように…..え?卵ってコレステロールが多く含まれているから身体によくないって?
そんな方はこちらを参照になさってください。
⇨⇨⇨卵1日1個はウソ?  コレステロールの真実

アメリカは昔(今もか)肥満による心筋梗塞が多かったため、肥満を解消する研究が進められていました。1970年代に「肥満の原因は糖質なのか、それとも脂肪なのか?」という議論がが活発になり、結論として出たのが「脂肪=悪だから、カロリー制限をしよう」となりました。それがそのまま日本にも伝わりそれを信じた日本人はどうなったか。
そう、炭水化物を摂るようになったんです。当時は糖質のことなんて誰も気にせず食べまくっていました。そして結果肥満が増えていったのです。

え、まじっすか!ってことは、脂肪って別に悪ではないってことなんですね!今日の夜ご飯はケンタッキーにしよう!

脂肪の過剰摂取は摂取カロリーにも影響が大きいし、糖質と共に脂肪分を摂取するのが一番最悪なので、ケンタッキーは控えたほうがいいですよw
話の続きをすると、アメリカの糖尿病学会はこの間違いを認めて、現在では”糖質こそ肥満と糖尿病の原因だ”となっているんですよ。

え、ではなぜ日本ではその間違いを正して発表しないんですか?

さぁ….米の消費が減ることを国は懸念しているのかもしれませんね。そこらへんの事情は私にもわかりません。

カロリー制限VS糖質制限 どっちが優秀?

これはダイエットを始めた人が一番気にすることなんですよ。Zさんもどっちが優秀か知りたいですよね?答えを先に言っておくと、ズバリ糖質制限のほうが優秀です。

糖質制限には明らかに痩せる理由がある

人間が太る理由は”糖質”です。断言しても良いでしょう。私たち人間の体はブドウ糖と酸素を結合させてエネルギーを作り出して生きているのです。なので糖質は必須なのですが、仮に必要以上の糖質を摂取した場合どうなると思いますか?そう、余ってしまうんです。血中のブドウ糖が余ると、膵臓から分泌されるインスリンの働きでブドウ糖はグリコーゲンに替えられ、筋肉に貯蔵されます。ところが、あまりすぎると脂肪として体内に溜め込んでしまうんです。要するに、糖質を摂りすぎるから肥満になるということです。
逆に、糖質制限をすることでエネルギー源が不足するので、身体は貯蔵してあるグリコーゲンや脂肪を燃やしてエネルギーとします。脂肪がエネルギーとして使われるのですから、当然痩せて生きますよね。これが糖質制限の基本的な思考方法なのです。

糖質を制限するって….今流行りのケトジェニックダイエットってやつですか先生!

ケトジェニックダイエットっていうのは本当に極端に糖質を抜くダイエットのことを指すことが多いので、ちょっと違いますね。あくまでも不必要な糖質摂取は避けるという点で、白米などを敵視しなさいということではないんですよ。
まぁこの辺の深い知識は神楽坂の貸切パーソナルジム GAINに来ればいくらでも教えますので、ぜひ遊びに来てください( ˊ̱˂˃ˋ̱ )