神楽坂ジム GAIN 筋トレによるメンタルヘルス

ダイエット、ボディメイクのお役立ち情報を発信しています

体験申し込み

神楽坂パーソナルジム GAIN GYM

どうも、神楽坂,早稲田の貸切パーソナルジム GAIN で代表をしている絶対ダイエット請負人の上地裕作です。 筋トレには、多くのテクニックが存在します。 筋トレをすると精神的にも安定すると言われます。 筋トレによるメンタルヘルス効果についてお話しします。 NO PAIN NO GAIN!! レッツフィットネス!

運動と感情の関係

筋トレをすることにより「心の健康も維持できる」と言われています。

脳の視床下部
脳の視床下部は食欲、性欲、睡眠欲などの欲求の調整に関わっていて、ホメオスタシスの維持に重要な役割を果たしています。
  • ホメオスタシス:恒常性、一定の状態を維持する為に調整すること。

また、視床下部は感情の調整機能も司っており、心身両面のバランスを保つ役割を果たしています。
この視床下部の感情調整機能の異常が精神疾患の原因の一つとも言われています。

筋トレにより視床下部の感情調整機能が調整されポジティブな感情を生み出す!
適度な運動は副腎皮質ホルモンの1種であるグルココルチコイドの作用により、一時的にネガティブな感情を低下させ、同時にポジティブな感情を高めるという感情調整を実行していることが判明しています。
  • 副腎皮質:副腎は、腎臓の上にある器官でホルモンが分泌され、生命維持に重要な役割を果たしています。副腎皮質からは、ストレスに抵抗するホルモンのほか、副腎性男性ホルモン(男性の場合は女性ホルモン)も分泌されています。

つまり、運動をする→グルココルチコイド分泌増加→視床下部の感情調整に影響

  • ネガティブな感情の低下!
  • ポジティブな感情増加!

このように感情に関する脳の機能と運動のメカニズムが科学的に明らかにされたことで、うつ病の治療に運動を取り入れるこころみが注目されています。

運動をすることで、脳のストレスへの反応が弱まり不安を感じにくくなり、脳が不安を引き起こす行動をコントロールする手助けになります。不安障害を抱える人にとっても、運動が効果的であるといわれます。

病は気から?

  • 感情が先に発生して後から体が反応するのか
  • 体の反応が先で感情は後から発生するのか

例えば「泣く」と言う行為で

悲しいから泣く
これは感情が先で体が後=「感情の中枢起源説」となります。
泣くから悲しい
これは体が先で感情が後=「感情の末梢起源説」となります。

これはどちらが正しいかはっきりしていませんし、人はこの知覚(何かを感じ)、感情(悲しい、など)、行動(泣く、など)の他に認知という重要な工程があります。

知覚に対してそれをどう感じるのかによって感情と行動がひとそれぞれ違ってくるということです。

例えばクラシックが流れていた時好きな人は心地よく感じますが、苦手な人は切迫感を感じたりします

筋トレは「感情の末梢起源説」効果でポジティブになる!
落ち込んでいる=「筋トレなんかしていられない」ではなく、
筋トレをする=「気持ちがポジティブになる!」というロジックになるのです。

筋トレが心の健康にも役に立つことは
このように生理学的、心理学的にも裏付けがあるのです

関連記事

【筋トレ・ダイエット】時間が無いは本当か?そんな人ほど筋トレをやるべき | 神楽坂 パーソナルトレーニングジム GAIN

時間が無いは本当か?筋トレをしている人は時間を上手に使っている、自己管理ができている。結果仕事でもモチベーションが上がり成果がでるようになるのです。正しい食事とプロのトレーナーによる的確な指導がボディメイクへのつながります。パーソナルジム ゲインにお任せください。神楽坂 GAIN GYM。

筋トレによる主な分泌作用

テストステロン

  • 男性ホルモンの一種で、筋肉・骨格・性欲などに影響する成分ですが、チャレンジ精神が旺盛になり「前向きな気持ち」になれます。

ドーパミン

  • 神経伝達物質の一つで、「生きる意欲」に影響があり、これも筋トレによる刺激で分泌されます。

アドレナリン

  • こちらも神経伝達物質の一つで、興奮状態となり痛みを感じにくくなったりします。筋トレの刺激で分泌され、やはり「前向きな気持ち」にさせてくれます。

前回の記事でも書きましたが筋トレは成功体験を得るのに最適であり、やった分必ず結果がでる。
というようにポジティブになる要素がある上に、生理学的、心理学的にも

心の健康維持に裏付けがあるのです。

ダイエット・ボディメイク、プロが的確にサポート致します。

神楽坂パーソナルジム GAINにお任せください。

パーソナルジムGAINにお問い合わせ