インスリン ダイエット

この記事は【筋トレ/ダイエット ジム】インスリンの分泌調整がいかに大切かを知るについて記載しています。

体験申し込み

どうも、神楽坂,早稲田の貸切パーソナルジム GAIN で代表をしている
絶対ダイエット請負人の上地裕作です。
インスリンをコントロールすることで、筋トレやダイエット効果を加速させましょう!
今回は【筋トレ/ダイエット ジム】インスリンの分泌調整がいかに大切かを知るについて書いていきたいと思います。
NO PAIN NO GAIN!! レッツフィットネス!

血糖値とインスリン分泌コントロール

炭水化物を身体づくりの味方にするには、血糖値とインスリン分泌の仕組みを理解しておく必要があります。インスリンは血中にある糖、脂肪酸、アミノ酸などの栄養を、身体に溜め込む性質のあるホルモンで、主に血糖値が上昇した時に分泌されます。(脂質やたんぱく質の摂取でも分泌を促しますが)状況によっては筋肉にも脂肪にも栄養を運ぶホルモンです。ボディメイクやダイエットを成功させるには、炭水化物の摂取量、種類、摂取タイミングなどをしっかり考察し、しっかりコントロールする必要があると考えています。

POINT

炭水化物の摂取量

炭水化物の種類

炭水化物の摂取タイミング

炭水化物の摂取量

体脂肪を増やさないためにも、炭水化物は一度に大量に摂取してはいけません。筋肉が利用しきれないほどの炭水化物を一度に摂取すると、血糖値が急上昇してインスリンが多量に分泌され、使いきれなかった余分な糖質が脂肪細胞へ取り込まれ、結果として脂肪になってしまうからです。
しかし、少量の炭水化物を1日数回に分けて摂取するのであれば全く問題ありません。炭水化物=太るのではなく、炭水化物を一度に多量に摂るから太るのです。
できるだけ、丼モノやピザなどは控えるべきでしょう。

摂炭水化物の種類

炭水化物には種類があるということを知らない方は少なくありません。血糖値とインスリンのコントロールには、種類に気をつければ最悪を回避することができます。炭水化物には、吸収が早く、血糖値の上昇を急激に上げるものと、吸収が遅く血糖値の上昇が緩やかなものに大別されます。
血糖値の上昇のしやすさを表す数値としてグリセミック指数「GI値」と呼び、この値が高ければ高いほど、血糖値は急激に上昇します。

一般的に、砂糖など分子量が小さく甘い炭水化物ほど吸収が早く、GI値が高い傾向にありますね。これらの炭水化物はインスリン分泌を強く促すため、たとえ同じカロリー摂取量でも比較的太りやすい炭水化物だと思ってください。また、ご飯や蕎麦(10割蕎麦)であれば、分子量が大きいので吸収に時間がかかるため、GI値は比較的低めです。吸収が遅いので腹持ちもよいので、ダイエット中にはこういった炭水化物を選択するのが良いでしょう。

摂炭水化の摂取タイミング

就寝前に炭水化物を摂取するということは、エネルギーを必要としない状態で摂取するわけなので、良いわけがありません。特にGI値が高い炭水化物は絶対に食べないようにしましょう。逆に、起床時などは空腹で血糖値も下がり、筋肉の分解が促されている状態です。起床時に摂取するのであれば効率的に活用されると考えます。朝食こそが炭水化物摂取のチャンスと言ってもいいのではないでしょうか。また、筋トレ後も炭水化物は摂取しておきたい栄養素です。運動後は筋肉内の糖が枯渇している状態のため、インスリンが脂肪細胞よりも筋肉に優先的に栄養を運びます。この場合のインスリン分泌は脂肪の合成にあまり作用しないので、一般的に肥満に繋がる高GI値の炭水化物でも問題はないと考えます。甘いものがどうしてもやめられない方は、筋トレ後のご褒美に食べてください。
もちろん、筋トレ後の」たんぱく質の摂取は忘れずに!

・[人気記事]神楽坂 早稲田 パーソナルトレーニングジムGAINの筋トレ指導内容例
神楽坂パーソナルジム GAIN GYM パーソナルトレーナー募集
【筋トレ/ダイエットGYM】男性会社経営者様のインタビュー

パーソナルジムGAINにお問い合わせ


神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作