この記事は【筋トレ/ダイエット】食後の眠気の発生は糖質が原因ですについて記載しています。

体験申し込み

どうも、神楽坂,早稲田の貸切パーソナルジム GAIN で代表をしている
絶対ダイエット請負人の上地裕作です。
今回は【筋トレ/ダイエット】食後の眠気の発生は糖質が原因ですについて書いていきたいと思います。
NO PAIN NO GAIN!!

眠気の原因が低血糖の可能性

お昼ご飯を食べた後、午後の大事な会議で強烈な眠気に襲われることはありませんか?
これは昼食で糖質たっぷりの食事を摂ったことにより上昇した血糖値が、その反動で急激に下がって低血糖状態に陥ることが原因である可能性が高いです。

なぜ糖質(炭水化物)を摂ると眠くなるのか

糖質を摂取すると、血中のブドウ糖が増加して血糖値が上がります。そこでそれを下げるために膵臓からインスリンという物質が分泌されます。
これが血中のブドウ糖を減らすため、脳に回っていた大量のブドウ糖が減り、一時的に眠気が襲ってくるのです。

眠気を起こさない食事をするには

昼食には糖質を抑え、タンパク質豊富な食べ物を摂るようにしましょう。例えば、どうしても炭水化物を摂取したい場合はおにぎり一つ程度に留めておき、サラダやおでん、サラダチキンと言った炭水化物が少ない食事をチョイスすることで、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

筋トレ前の食事

私個人的な考え方ですが、筋トレ前に炭水化物を摂取するようなことはしません。もちろん、空腹での筋トレもよくないので、運動の1.5時間前くらいに少量の炭水化物と、ある程度のタンパク質を摂取することをお勧めしています。



神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作