この記事は【ダイエット】低糖質ダイエットは停滞期になってからが勝負!という内容を書いています。

神楽坂、早稲田、牛込柳町地域の貸切(個室)パーソナルジムGAIN 代表の上地裕作です。
今回は【ダイエット】低糖質ダイエットは停滞期になってからが勝負!について書いていきたいと思います。

低糖質ダイエットを始めると必ず一度は経験する停滞期について

ダイエットをする方の大半が「炭水化物の摂取量を減らす」いわゆる低糖質ダイエット(ローカーボ、ロカボ)を実践しているのではないでしょうか?
実際に食事からの炭水化物を抜くとすぐに体重は落ちます。これは体内のグリコーゲンが消費すると一緒に蓄えられている水分が同時に減少することで体重が落ちます。
食事から摂取した炭水化物(食物繊維以外)は筋肉や肝臓にグリコーゲンという形で蓄えられていて、このグリコーゲン1gを蓄えるのに水分3gと一緒に体内に貯蔵されています。
この影響でダイエット(低糖質ダイエット)を始めてすぐは順調に体重が落ちてきていたのに、体内のグリコーゲンが枯渇した後に体重が初期のように落ちないので停滞したと感じてしまうのでしょう。

ダイエットは体重が停滞しても続けられるかが重要

先ほども述べましたがグリコーゲンの減少によってダイエット初期は体重の減少が速やかです。なので体脂肪の減少はそこからがスタートだと思ってください。
私の考えている低糖質ダイエットの落とし穴は、低糖質の生活はカラダが慣れるまでに個人差があることです。
始めてすぐはカラダに蓄えられているグリコーゲンが消費され、体脂肪はグリコーゲンが体内で少ない状態になってようやくエネルギーとして消費されやすくなります。もちろん普段から体脂肪もエネルギーとして消費はしますが、炭水化物を沢山食べていて体内のグリコーゲン(筋肉や肝臓に蓄えられている)が満タンで、毎食炭水化物を多く含んだ食事を摂っていると常に血液に血糖(グルコース)が回っている状態なので体脂肪が分解燃焼する割合が低くなり、血糖(グルコース)を優先してエネルギーを消費します。これだと蓄えていた体脂肪は落ちません。。。
人間の構造上炭水化物の方が効率よくエネルギーを作り出しやすいのです。外食が多い方は今まで食べていたお米などの穀物類を半分に減らすことから始めてみましょう!
営業などで外を歩く頻度が多い方はまだしも、デスクワークでほとんどカラダを動かさない方はそれほど糖質は必要ありません。

余談ですが、電気抵抗(インピーダンス法)をかけて筋肉量や体脂肪率などを推定する装置(体組成計)があります。ご家庭で使っている方もいるのではないでしょうか?
この装置は筋肉が多いとカラダの水分量が多くて抵抗を受けにくくなるので筋肉量が多いと判定されます。逆に電気の抵抗値が高いと体脂肪率は高く出る。これは筋肉に含まれている水分量が約80%で脂肪は約20%程度ということからそのような仕組みになっています。
昔スポーツクラブで体脂肪をたくさん減らしたら商品が貰えるイベントであって、性質を熟知した運動生理学の先生がチャレンジしました。
初回の測定時はとにかく胃に血流を持ってくるために食べまくって(血液に水分量が多いため)電気抵抗をより高く出すために手足を伸ばしきって測定に挑んだそうです(インチキ)
その結果は過去最高の体脂肪率を叩き出しました(笑)
そして結果測定の際は電気抵抗を受けやすい腕や足を筋トレでとにかくパンプアップさせて血液を滞留させて電気抵抗を少なく出す作戦で見事に商品をゲットした話もあります。。。
ちなみに体脂肪率の変化率はマイナス11%もあったようです!全くダイエットしてないのに。。。
これはお風呂上がりで手足が湿っていたり、食事を摂る前と摂った後だと同じ日でも数値に結構な差が生まれてしまいます。これを防いで有効活用するには、毎回同じ条件で測定をして(起床時など)数値の変動を参考にするのが良いと思います。

・ダイエットをする前からずっと太っていた人は停滞しやすい?

ずっと太っていた方はカロリーを長い間たくさん摂りつずけているので急なカロリー制限でカラダが危険を感じてしまっている可能性があります。
自分にあったやり方がわからないと極端に食事制限して挫折しやすくなります。
これはカラダの恒常性というもので「内部状態を一定に保って生存を維持する」働きのことを言います。
急なカロリー制限でカラダが飢餓状態だと錯覚して消費カロリーをセーブしたり必要以上に食欲に襲われたりする状態になります。
こういう場合はある程度の知識も必要になりますが、まずは余分に食べてしまっているものを見直すことと、普段の食事で揚げ物を控えることから始めても良いのではないでしょうか?
い◯なりステーキでお米抜いて食べているよ!という人でも気をつけたいのが、鉄板に大量の油をひいていますので肉にもかなりの油を付いています。しかも油をたっぷり吸ったモヤシやコーンも食べていないか?糖質は少なくても摂取カロリーが多くなってしまいます。
また、タレは糖質が多いので塩や胡椒で味付けするように心掛けてください。

いかがだったでしょうか?
普段、清涼飲料水を飲んでる方は「BCAA」を含んだエクステンド!間食に「ホエイプロテイン」を飲む!甘いものや食感の良いお菓子を食べたくなったら「プロテインバー」!これを活用してストレスなくダイエットを続けましょう。

EXTENDのBCAAは人気で有名ですね!
特にマンゴー味は飽きずに飲めて美味しいです!トレーニングの友に!

コスパ重視で味も美味しい方が良い方エクスプロージョンのプロテインがおすすめ!国産で安心ですね。

おやつとしてタンパク質を15g補給できるチョコレートです。私は毎日1本食べてます。食感が硬くてクセになりますよ!

神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作