この記事はフェイク(もどき)食品は口にしないこと 食品会社に騙されない方法について記載しています。

体験申し込み

神楽坂、早稲田地域の貸切(個室)パーソナルジムGAIN 代表の上地裕作です。
今回はフェイク(もどき)食品は口にしないこと 食品会社に騙されない方法について書いていきたいと思います。

フェイク食品の特徴

フェイク食品とは、見た目、食感などは本物なのに、実は人口で似たように作られている食品のことです。
フェイク食品が作られる背景には、まず製造コストが本物に比べて安いことが挙げられます。また、製造も容易で、保存性や入手性にも優れており、さらに食品自体の見た目をよくする効果もあります。そして何と言っても味覚的に『美味しい』と思うようにできているので、世の中から消えることはないでしょう。

フェイク食品の特徴
1 製造コストが安い
2 製造が簡単
3 利便性に優れている
4 見た目が良い
5 美味しい

それでは、騙されてはいけない、フェイク食品を5つあげていきましょう!

コーヒーフレッシュ

名前はコーヒーフレッシュと名乗っていますが、全くフレッシュではなく、ミルクなど一滴も入っていません。よく考えればわかる話ですが、このような容器に入って数ヶ月も保存ができる時点でミルクではないことは察します。常温保存でも腐りませんし、非常に怪しい物だと思っています。
では一体このコーヒーフレッシュ、中身はどんな物が含まれているのでしょうか。

コーヒーフレッシュの原材料
1 名称 植物性油脂クリーミング食品
2 原材料 植物性油脂、砂糖、脱脂粉乳、カゼインNa、乳化剤、Ph調整剤、香料、酸化防止剤

よくあるクリーミーパウダーも、原材料はほとんど同じです。 特にこの植物油脂というのは要注意で、トランス脂肪酸が含まれている可能性があります。
とにかく人体に不必要な『毒』と言っても過言ではありませんので、すすんで摂取することは控えた方が良いでしょう。

マーガリン

不健康食品の代名詞、マーガリンですね。朝食のパンにたっぷり塗って口に詰め込むサラリーマンや主婦の方は要注意。

マーガリンの内訳
マーガリンは、乳脂肪は一切使っておらず、80%が油脂でできています。
原材料はヤシ油、コーン油、水素を添加して所謂『硬化油』として使われています。つまり人口の飽和脂肪酸なんですね。
そしてマーガリンの一番の問題点はトランス脂肪酸が使用されている点です。
マーガリンに含まれる原材料と添加物は以下の通り
硬化剤、水、乳化剤、バター香料、着色料

いかがですか?私は小学校以来マーガリンを口にしたことはありません。マーガリンはコンビニで売られている菓子パンに多く含まれているので、必ず食品表示をチェックして買うようにしましょう。ちなみにショートニングという食品も、硬化剤と乳化剤を合わせた人口飽和脂肪酸です。
ちなみに…..マーガリンはアメリカのFDAで2015年に完全に販売を禁止しているんですね。

カロリーハーフマヨネーズ

これもみんな大好きなマヨネーズですが、今回はあえて『カロリーハーフ』と謳っているマヨネーズをピックアップしてみました。
実はマヨネーズはJAS規格で原材料が定められています。

マヨネーズの定義
・植物油を使用
・黄卵、または全卵を使用
・醸造酢または柑橘類の果汁を使用
・65%以上の割合が油であること
・添加物は化学調味料、香辛料抽出物

しかしカロリーハーフマヨネーズは、上記の定義に入り込むことができないため、『半固体状ドレッシング』として売り出されています。
なので、油分も10%以上あればよく、多くの添加物を使用してもOKですし、なんと卵も使わずに乳化剤や調味料で作っているカロリーハーフマヨネーズもありますね。
コンビニやファストフードで使われているマヨネーズは間違いなくこのカロリーハーフマヨネーズを使用しているでしょう。
カロリーは低くても、確実に身体を蝕んでいきます。

化学しょう油

まずは本物の醤油についてお話しすると、醤油は大豆を蒸して炒った小麦と混ぜて種麹を加えます。そして酵素によってタンパク質をアミノ酸に、デンプンを糖に帰る作業があるため、通常は製造に3年ほどかかります。本物の醤油の食品表示は以下になります。

マヨネーズの定義
有機栽培大豆、小麦、食塩

しかし、安い醤油は塩酸で作られた醤油も存在します。塩酸を使用してアミノ酸分解を高速で行うことができるため、コストが落ちます。
しかもこの塩酸はカセイソーダで中和するため、最終的に塩酸が残留しないため食品表示に表示されません。

いわゆる雑巾ハム

よくスーパーで売っている三連パックのハム、見たことありますよね?実はあれ、添加物の塊で作られた非常にヤバイ食べ物なんです。
絞ると水が出てくるハムなので、いわゆる雑巾ハムと呼ばれているのですが、この水の正体は全て添加物です。生肉に大量の添加物を注射して水増ししているんですね。
食品表示を見てみると、夥しい数の添加物が所狭しと並んでいるのがわかると思います。

雑巾ハムの見分け方は、この大豆タンパク、卵タンパク、増粘剤、亜硝酸Naといった物が入っているかどうかです。まぁ正直な話高級ハムでない限りこれらの添加物は混入しているので、どうしてもハムが必要な場合は高級ハムを食することをお勧めします。

自宅でパンプアップ!女性に人気の筋トレチューブ!
お勧めです!

自宅で簡単!負荷をしっかりかけてボディメイクのお役立ちに!

自宅で簡単!腹筋を鍛えるならバランスボールがお勧め!



神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作