この記事は【ダイエット】20-30代以降は太る人が急増するわけについて記載しています。

体験申し込み

神楽坂、早稲田地域の貸切(個室)パーソナルジムGAIN代表の上地裕作です。
今回は【ダイエット】20-30代以降は太る人が急増するわけについて書いていきたいと思います。

筋肉は20代から減っていく

人間の筋肉は、20才までは何もしていなくても増えていきます。また、若い頃はそれに加えて運動などもしている方が多いでしょうから、勝手に筋肉が発達していくことも容易に想像ができます。
しかし、社会に出る20才〜30才をピークに筋肉量は徐々に減少していくことがわかっています。40才になると10年ごとに10%減少し、70代は10年で15%も減少することがわかっています。

食事制限ダイエットによってリバウンドしてしまう理由とはでもお話ししましたが、筋肉量が減ると基礎代謝が落ち、エネルギーを消費しない身体になってしまいます。ちなみに基礎代謝は1日のエネルギーの6割を消費しているものなので、ここが落ちるとダイエットをする人にとっては致命的なのです。
当然、社会に出ると経済的にも余裕が出るので食べるものも少しリッチになる方は多いはずです。もしくは、忙しさに負けてファストフードを常食する方もいらっしゃるかと思います。
しかし、冒頭でもお話しした通り、筋トレをしていない人は確実に基礎代謝が下がっているのに、20代の時よりエネルギーを摂取していたらどうなるでしょうか。当然ですがブクブクと脂肪が蓄えられていきますよね。

筋肉量が減るリスクは基礎代謝低下だけではない

筋肉には糖を取り込んで貯蔵する役割があります。筋肉が減少するとそのキャパシティも比例して減少するので、その余った糖質で脂肪が作られてしまうという事実も知っておいた方が良いでしょう。

まとめ

上記の二つが20代以降太る原因の主な要因ですが、もちろん運動不足になっていたり、お酒を飲む機会が増えるにつれて食事の質も量もよからぬ方向へと行ってしまいがちです。20代を過ぎたら筋肉の老化が始まっていることを自覚して、意識的に運動したり、食事に気をつけることである程度の肥満を回避できるでしょう。

高純度・高吸収のクレアチンで人気のクレアルカリン EFXは、カプセルなので非常に飲みやすいです。粉状のクレアチンは水に溶けにくいので、例えばBCAAなどに入れて一緒に飲んだとしてもコップの底に溜まってしまっている場合があります。一番のオススメはコチラですね。

どうしてもパウダーが良い!という方にはマイプロテインのクレアチンが良いと思います。ですが、結構溶けにくいのでお湯で溶かすなどの工夫が必要になります。味はほとんどしないのでご安心ください。



神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作