この記事は【ダイエット】糖質制限中こそタンパク質の摂取が必要な理由について記載しています。

神楽坂、早稲田地域の貸切(個室)パーソナルジムGAIN代表の上地裕作です。
今回は【ダイエット】糖質制限中こそタンパク質の摂取が必要な理由について詳しく解説していきます。

エネルギーの不足を補って筋肉を維持する

これまで色々なダイエットを試してもうまく体重が落ちない、落ちてもすぐに元通りになってしまう、そういった経験がある方は少なくありません。
ダイエットの方法の一つで人気な『糖質制限ダイエット』ですが、まずこの糖質制限について詳しく見ていきましょう。

糖質制限の目的

糖質制限の目的は、ご飯やパン、パスタといった糖質を多く含む主食の摂取を控えることで、血糖値の上昇を抑え、肥満を防ぐというものです。
しかし、人間の体は糖質をエネルギーに変えて生活しているので、極端に糖質を制限するとエネルギー不足となり、今度はタンパク質や脂肪を分解してエネルギー源とします。タンパク質を分解するということは、すなわち筋肉を分解(筋肉を減少させて)してエネルギーに変えるわけなので、結果基礎代謝が下がり、一旦は体重が下がりますが、太りやすい身体になってしまうためリバウンドしてしまうのです。


筋肉を維持しながら脂肪を落とすには

糖質制限を行いながら健康的、かつ筋肉を落とさずに脂肪を落とすには、糖質制限によって不足するエネルギーをタンパク質と脂質でしっかりと補給し、全体の摂取エネルギーを減らしすぎないようにすることです。

運動時は特に注意

人間の身体は、運動をすると特に筋肉の分解が促進されます。運動時の筋分解を最大限抑えるためには、運動前(1時間前)にしっかりとタンパク質を補給し、糖質も適度に摂ってあげることが必要になります。
筋肉を維持しながら脂肪だけを落とすという過程を簡単に表すと、運動時はタンパク質を使って筋合成を促し、筋分解を抑制し、基礎代謝を上昇させることによって脂肪がエネルギー源となって減っていくというわけです。

特に起床時はタンパク質が不足している

朝は起床したときは長時間にわたって何も食べていない状態が続いているため、血中アミノ酸濃度(簡単に言えばタンパク質)が枯渇している状態です。
これが何を意味するかというと、身体が筋肉を分解してエネルギーに変えやすい状態に陥っている(カタボリック状態)のです。
当然ですが、すぐにでも血中アミノ酸濃度を上昇させてあげなければなりません。
しかし、朝起きて目玉焼きを食べてタンパク質を補給したとしても、吸収されるまでに時間がかかってしまいます。このタイムラグはなるべく縮めたいという要望に答えてくれるのがグロング EAA アミノ酸 グリーンアップル風味 1kg (100食分) 必須アミノ酸 国産です。
EAAというサプリメントは、Essential Amino Acidの略で、必須アミノ酸の集合体をいいます。

グロング EAA アミノ酸 グリーンアップル風味 1kg
以前のEAAは不味くて飲めたものではありませんでしたが、こちらはグリーンアップルのフレーバーで朝でもすっきり美味しく飲むことができます。血中アミノ酸濃度をすぐに上昇させたい時におすすめです。筋トレ中の補給にも!

EXTENDのBCAAは人気で有名ですね!
特にマンゴー味は飽きずに飲めて美味しいです!トレーニングの友に!

コスパ重視で味も美味しい方が良い方エクスプロージョンのプロテインがおすすめ!国産で安心ですね。

おやつとしてタンパク質を15g補給できるチョコレートです。私は毎日1本食べてます。食感が硬くてクセになりますよ!

神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作