ストレッチは無意味

この記事はストレッチは筋トレ前、筋トレ後のどちらにするべきかについて記載しています。

お申し込み、お問い合わせはこちらから

こんにちは、神楽坂パーソナルトレーニングジムGAIN代表の上地裕作です。
本日は地味だけど非常に大切なストレッチの重要性について解説していきます。

筋トレ前のストレッチ

ストレッチをやる1番の目的は、筋肉を伸ばしてあげることにあるわけですが、柔軟性を高めるトレーニングとしては効果的です。
しかし静的ストレッチをガッツリ行うと同時に筋力が低下してしまうことが研究でもわかっています。
筋トレ前にガッツリとストレッチを行う方がいますが、私はあまりお勧めしません。
実は、怪我の防止に対しても全く役に立たないことが研究によっても分かっています。
身体を温める目的でストレッチを行うのであれば、各部位を10秒程度のストレッチに留め、軽い重量で高レップを一度入れてあげれば良いでしょう。

筋トレ後のストレッチ

一方、筋トレ後のストレッチについては筋トレ前のストレッチに比べてややマシという研究結果があります。
ハードな筋トレをすると各筋肉が縮むので、その筋肉を再度伸ばしてあげる程度のストレッチで十分かと思います。
秒数としては一部位につき15秒程度に留め、半身浴などで身体を温める時間に費やした方が良いと言えます。

まとめ

とは言えストレッチは身体の柔軟性を高める上で非常に大切な運動ではありますので、筋トレとは全く別の運動と考えてあげれば良いでしょう。
筋トレが休みの日に、ゆっくりと身体の節々を伸ばすストレッチを取り入れるようにすれば、筋トレのパフォーマンスへの影響を最小限に抑えることができます。

EXTENDのBCAAは人気で有名ですね!
特にマンゴー味は飽きずに飲めて美味しいです!トレーニングの友に!

コスパ重視で味も美味しい方が良い方エクスプロージョンのプロテインがおすすめ!国産で安心ですね。

おやつとしてタンパク質を15g補給できるチョコレートです。私は毎日1本食べてます。食感が硬くてクセになりますよ!

神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作