アミノ酸

この記事は【ダイエット】必須アミノ酸、非必須アミノ酸は身体作りに欠かせない存在について記載しています。

20種類のアミノ酸で10万種類のタンパク質を生成

私たち人間の体に存在する10万種類のタンパク質は、たったの20種類のアミノ酸が組み合わさって構成されています。この20種類のアミノ酸は9種類の”必須アミノ酸”と11 種類の”非必須アミノ酸”に分類されます。

必須アミノ酸の特徴

必須アミノ酸は、体内で合成することができないか、合成量が必要量に満たない9種類のアミノ酸の総称を指します。なぜ”必須”なのかと言えば、それはこれら9種類のアミノ酸を食事から摂らなければならないことから”必須”と呼ばれているのです。9種類のアミノ酸は以下の通りです。

イソロイシン筋肉強化、肝臓機能強化、身体の成長を促す作用がある
ロイシン筋肉強化、肝臓機能強化
リジン身体の回復機能、代謝促進
メチオニン抗鬱効果、ヒスタミン血中濃度の低下
フェニルアラニンドーパミンなど神経伝達物質の材料になり、血圧を上昇させる
スレオニン脂肪肝の予防、酵素の活性部位を形成する
トリプトファンセロトニンなど神経伝達物質の材料となり。鎮痛作用、免疫力上昇
バリン筋肉強化、血中窒素量を調整する働き
ヒスチジン幼児の発達に必須で、神経機能を補助する役割

非必須アミノ酸の特徴

一方、非必須アミノ酸は疲労回復や睡眠の質向上などの重要な役割を担っています。非必須アミノ酸は糖質を材料に体内で合成されるため、”非必須”と呼ばれています。
11種類の非必須アミノ酸は以下の通りです。

アルギニン血管を広げて血液を通りやすくする作用。成長ホルモンを合成するので、子供にとっては必須アミノ酸に含まれる。
チロシンアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達の材料となる。
システイン毛髪などに多く含まれるアミノ酸です。黒いメラニンを抑え、黄色いメラニンを多く生成する機能があります。
アスパラギン酸エネルギー源として利用されるアミノ酸で、新陳代謝の向上、疲労回復、スタミナ増強の効果がある
アスパラギンアスパラギン酸の誘導体としての機能を有し、新陳代謝をを向上させます。
セリンリン脂質や脳の神経細胞の材料とな理、睡眠の質を向上させます。
グルタミン酸神経の働きにを助け、疲労回復の効果があります。
グルタミン胃や腸管を守る作用があります。アルコールの代謝を高める作用もあります。
プロリン皮膚に潤いをもたらす天然保湿成分(NMF)として最も重要なアミノ酸
グリシン運動、感覚など体の調整を行う作用があります。
アラニン肝臓のエネルギー源として利用され、糖を合成する材料として使われます。

20種類のうちどれが欠けても筋肉を作り出すことができません。筋肉を作るには、動物性と植物性のどちらからもバランス良くタンパク質を摂取し、多くのアミノ酸獲得に努める必要があるのです。


コスパに優れていて、携帯にも便利なタブレットタイプなのでおすすめです。 味もキャンディのように甘く、噛んで食べても美味しいので筋トレ前のアミノ酸補給にBESTです
神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作