この記事は【ダイエット】バランスが良いアミノ酸は動物性たんぱく質について記載しています。

動物性タンパク質と植物性タンパク質

食品から摂取できるたんぱく質は、肉や魚の他、卵、乳製品などに含まれる”動物性たんぱく質”と、豆類、穀物に含まれる植物性たんぱく質に分けることができます。
同じたんぱく質なのですが、身体への働きに違いがあります。

動物性たんぱく質の特徴

動物性たんぱく質の最大の特徴は、身体づくりに必要なアミノ酸がバランスよく豊富に含まれている点にあります。体内で生成することのできない”必須アミノ酸”が非常に多く、筋肉の材料となるたんぱく質を効率よく摂取することができます。動物性たんぱく質が多く含まれている食材は以下の通りです。

  • クロマグロ
  • カツオ
  • 鶏胸肉
  • 牛もも肉
  • 豚ロース

筋肉へのアプローチにフォーカスすれば、動物性たんぱく質を摂取した方が良いです。ただし、動物性たんぱく質には脂質が付き物ですので、鳥の胸肉やささみ以外の食材の食べ物の過食には注意が必要です。余計な脂質を摂りたくない場合は、やはりプロテインパウダーを水で割って飲むのがベストと言えます。


コストパフォーマンスと味を両立させたオススメのプロテインです。3kgで6000円は魅力的ですよね!

植物性たんぱく質の特徴

植物性たんぱく質は、上述した必須アミノ酸の含有量は高くありません。しかし、脂質が非常に少なく、かつ脂肪燃焼を助ける効果が高いのが特徴です。植物性たんぱく質が多い食材は以下の通りです。

  • 大豆
  • 高野豆腐
  • 蕎麦
  • 納豆

これら食材は食物繊維も多く含まれますし、ビタミンB群も豊富ですので、副菜としてしっかり摂取したい食材ですね。

神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作