タンパク質はほとんど脂肪にならない

この記事は【ダイエット】タンパク質はほとんどが脂肪にならないについて記載しています。

タンパク質がダイエットに効果的な理由

タンパク質は圧倒的に脂肪になりにくい

これまで何度かタンパク質がダイエットに与える影響を書いてきました。前回記事食事制限ダイエットによってリバウンドしてしまう理由とはを参照ください。
タンパク質を仮に余分に摂取したとしても、他の栄養素に比べ脂肪に変換せれにくいという性質を持ちます。脂質や糖質は体内に吸収されると余剰分は脂肪として貯められ、エネルギー不足の際に備えます。タンパク質も多少は脂肪に変わるのですが、大部分がエネルギー消費され、余剰分はおしっこで排出されます。

前回も記載しましたが、ダイエット中にあなたが必要な一日の摂取量を以下の表にしましたので参考にしてください。

食事制限と軽い運動でダイエットを目指す一日に必要なタンパク質量 体重(kg)×1.0 体重が50KGなら50g以上
食事制限と、筋トレで軽く筋肉をつけていきたい一日に必要なタンパク質量 体重(kg)×1.5 体重が50KGなら75g以上
食事制限と、強度な筋トレでバルクアップを狙いたい一日に必要なタンパク質量 体重(kg)×2.0 体重が50KGなら100g以上

タンパク質は腹もちも良く、満腹感をもたらす

実は、タンパク質は食欲を抑えるホルモンの分泌に関わっていて、食後の満腹感を非常に高めてくれる栄養素なのです。一度食べるとお腹が空きにくいということは、余計な間食をしなくて済むということなので、結果としてカロリー減に繋がり、またお財布にも優しいというわけです。
ステーキなどは高くて無理!という方は、やはり焼き魚プロテインでタンパク質を摂取するのが良いですね。

タンパク質を体内に貯めることができない所以です

コスパ最強、3kgで約6000円!

コストは高いけど味は一級品!

少量で気軽に飲めるプロテイン

神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
神楽坂貸切パーソナルジムGAIN 代表 上地裕作