ダイエット

この記事は食事制限ダイエットによってリバウンドしてしまう理由とはについて書いてあります。

忘年会シーズンも近づき、いつもより摂取カロリーを気にしなければならない時期に突入していますね。食事制限ダイエットにおいて気をつけるべき点をまとめましたので参考にしてください。

食事制限だけでダイエットは意味がない

さぁ、ダイエットを始めるぞ!!と意気込む方に多いのが食事制限(糖質制限、脂質制限、カロリー制限)によるダイエット法です。確かに、”我慢”だけすればいいんでしょ?根性で乗り切ってみせるさ!とおっしゃる方も多いかもしれません。
体重はどうして減るのかという基本的仕組みとしては、摂取エネルギー(食べた食事のカロリー)が消費エネルギー(使ったエネルギー)を下回った時に体重が落ちます。
人間は摂取エネルギーが不足すると、身体に溜め込んだ脂肪をエネルギー源として利用し、その使ったエネルギー分が体から削ぎ落ちるというイメージです。
なので、体重を減らす方法は大きく分けて2種類しかないのです。

  • 食べるカロリーを減らして摂取エネルギーを減らす
  • 運動量を増やして消費エネルギーを増やす
  • 両方とも実践する

食事制限はこの摂取エネルギーを減らすという方法なので、食事を見直して余計なカロリー摂取を控えるという点では間違っていません。ダイエットをする上で食事の量は減らさなければいけないのは事実です。しかし、これを盲信して安易に食事制限ダイエットを初めてしまうと大きな落とし穴が待っていることを知りましょう。

痩せるどころか逆に太る可能性が

食事制限ダイエットの一番の問題は、カロリーをカットする時にタンパク質も一緒にカットしてしまうことです。タンパク質については過去の記事体を作る最重要栄養素であるタンパク質の重要性でも語っています。タンパク質は筋肉を作る材料となる栄養素なので、端的にいうと筋力の低下に影響を及ぼします。
筋肉量が減ると基礎代謝も落ちてしまい、結果としてエネルギーを消費しにくい身体になってしまうのです。食事制限をやめて前の食事に戻すとあっという間にリバウンド….経験ないですか?しかも最悪なのは、この時リバウンドした身体の中身はというと”筋肉が減り、脂肪が増えた”誰も望まない身体になっているということです。筋肉は寝ている時も起きている時もエネルギーを消費してくれるため、ダイエット時に筋力を低下させるというのは”貯金が目的、いっぱい稼いでますがいっぱい使ってます”の状態になっているのと同様なのです。食事制限でのポイントは、食事量は減らすけど魚や肉類をしっかり摂取し、筋肉を低下させないことが必須条件になります。
魚や肉類の摂取が難しい方は、AMAZONでも売っているプロテインをサプリメントとして摂取することをおすすめします。
アサヒが出しているプロテインチョコバーですが、めちゃめちゃうまいです。ザクザク感があって甘さも控えめなので、おやつとして食べるにはベストでしょう。

代謝を上げて燃費を改善する

女性に多いのが、”筋肉は減ってもいいから体重を落としたい”という間違いです。筋肉は姿勢だったり見た目のフォルムを作る上で一番重要だと断言します。
最も大切なことは筋肉量増加=基礎代謝の上昇なのです。

すみません、基礎代謝ってなんですか?

基礎代謝とは、体温を維持したり、心臓などの臓器を動かして生命を維持するためのエネルギーを指します。生きているだけで消費するカロリーと思ってください。一日の主な基礎代謝消費エネルギーの内訳をご紹介しましょう。

基礎代謝は、一日のエネルギー割合の7割を占めると言われております。残りの三割のうち一割が食事に伴うエネルギー消費、残りの二割が身体活動時代謝になります。
この図のポイントは、筋肉が占める割合が22%も占めるという事実。基礎代謝内で唯一努力で上昇さえられるのが筋肉だということがおわかりいただけるでしょう。
何度も言いますが、この筋肉が減少すると代謝が極端に下がり、太りやすい体質になってしまうのです。

まとめ

筋肉の主な働きには、体を動かしたり、姿勢を維持したり、水分を蓄えたり、免疫力を上昇させたりと多岐に渡ります。見た目においても非常に重要なのは言うまでもありません。基礎代謝エネルギー消費割合の中でもトップである筋肉にフォーカスしましょう。適度な筋トレ+適度な食事制限+タンパク質の補給が最も持続性があり、健康を保ったままダイエットを実現してください。