この記事はリバウンドをしないダイエットの方法についての記事です。

ダイエットの意味は食事改善と言われるように、普段の食生活を改善することがリバウンドをしない為に重要になります。

〇〇ダイエットは体重は落ちるけどリバウンドをする理由

低糖質ダイエット、ケトジェニックダイエット、レコーディングダイエット、一食置き換えダイエットなど他にもたくさんの〇〇ダイエットがあります。
確かにこれらの方法でダイエットに成功した方もいると思います。
また、「結婚式でドレスを綺麗に着たい」や「海でモテボディーになりたい」など短期的には効果が期待できるかもしれません。
短期集中型のジムに通って–10kg達成したけれど、辞めてから元に戻りました。という話をよく耳にします。

どうしてリバウンドをしてしまうか?それは「我慢」をしているから

えっ?ダイエットって食べたいものを我慢するのが当たり前でしょ!その替わりにササミやブロッコリーを食べるんじゃないの?と思われる方もいると思います。
はっきり言ってこのやり方はダイエット(食事改善)とは言えません。なぜかと言うと現状の食生活を改善していることにはならないからです。
生活のリズムや食の好みは人それぞれですから。

ここで私が過去にスポーツジムでアルバイトをしていた頃出会ったお客様との会話です。

「痩せたいんだけど、食後のデザートでケーキ食べちゃうんだよね〜」と言うお客様に対して、私が放った言葉は「そのケーキが300kcalあるとしたら、それを1ヶ月我慢したら体脂肪1kg以上落ちますよ!今日から食べるのやめて下さい」、、、です。

体脂肪が約7200kcalのエネルギーがあるので、「-300kcal×30/日=–9000kcal」これは余裕で1kg以上の体脂肪が落ちる計算です。でもこれって完全に押し付けですよね。。。お客様の嗜好品を我慢させようとしてます。これは15年前の話なので今はそんなこと言いませんよ?

もちろんこれを守れば1ヶ月で体脂肪を1kg以上は落ちるかもしれません!逆に1日に300kcalを余分に摂り続けると1ヶ月後にはもれなく1kg以上の体脂肪が付くことにはなります。

ダイエットの天敵になっている

酒好きな方や付き合いでよく居酒屋に行かれる方に気をつけていただきたいのが、揚げ物などの「おつまみ」です。唐揚げが好きな方って多いですよね?唐揚げが美味しいのは私にもわかります。私もOFFの時は食べますよ。
中から溢れ出る肉汁、キャベツとマヨネーズを添えて一緒に口の中へ。生きている喜びを噛みしめる瞬間です。しかし唐揚げがダイエットに不向きなのは小学生でもわかります。中には鶏肉だからたんぱく質が摂れるからいいのでは?と思っている方もいると思います。

唐揚げは鶏肉の部位でも脂質が非常に多いもも肉を使っているところが多く、衣は炭水化物です。あとはなんと言っても油で揚げています。。
まさに増量の王道飯。伝説のすた丼、鬼から弁当なんてデブるためにある食べ物です。(めちゃくちゃ美味しいですが)
唐揚げを食べるなとは言いませんが、たんぱく質も摂れてヘルシーな焼き魚や刺身をチョイスして下さい!

私が実践していることで「サラダのドレッシングを別皿に入れてきてもらう」です。そうすると余分なカロリーをカットできます。
まぁここまではしなくてもいいですがドレッシングもカロリーが高いので気をつけたいところですね。
これは押し付けじゃないですよ?

空腹が食欲を増大させている

仕事が終わって、帰宅してから遅い時間に食事を摂る習慣がついてしまった。近くのスーパーで大量に食料を買ってお腹いっぱいまで食べてしまう。
これは誰にで経験があるのではないでしょう?

私も空腹を我慢しすぎて豪食をしてしまった経験は何度もあります。
やはりこれも我慢しすぎによる反動なのかもしれませんが、仕事が残業でお昼から何時間も食べれない状況になることは珍しくないと思います。

そんな時は帰宅前におにぎりやゆで卵を食べる、もしくはプロテインドリンクを飲むなどコンビニで手軽に買えてすぐに食べれるものを用意しておくことも1つの方法です。帰宅してからの空腹感を抑えることに繋がるからです。このように現在の食生活をいきなり全てを改善しようとせずに、まずは1つずつ見直していくことをお勧めいたします。

神楽坂貸切パーソナルジム GAIN
GAIN 代表 上地裕作

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA